その他 PC系 記事

プリンターの買い替えを考える

突然壊れてしまったプリンターを早急に買い換えなければいけない事になってしまいました。
本当に突然だったので、最近のプリンター事情も分かりません。
まずは情報収集。

我が家の場合、L判写真印刷が圧倒的に多いので、写真の印刷品質で選ぶことになります。
そうなると選択肢はキャノン製かエプソン製か2択となります。
もしかしてもっと世界に目を向ければ写真印刷の品質やコストパフォーマンスに優れた機種があるのかもしれない・・・と思ってざっとですが調べても、推されている他メーカーは無い感じですね。
もしあってもインキ入手の容易さとか考えるとキャノンかエプソンになります。
やはりこの2社から選ぶことにします。
あ、一応書いておきますが、「プロ用」とかではなく、あくまで「一般家庭向け」で選びたいと思います、

機能面で見ると、突出した機能性能の違いはあまりないように見えます。
3年前と比べても劇的に印刷品質が良くなったりということもなさそうです。

代わりに気になったのが製品ラインナップの違いです。
主力製品の中でも、ザックリいうと、

  • プリンター本体の値段は手ごろだけどインキコストが高い製品。
  • プリンター本体の値段が高くてインキコストが安い製品。

前者の製品はやはりメーカーの一押しみたいです。

写真も文書も高品質で印刷できて、初期費用も安いのが特徴でしょうか。

後者は更にインキコストにも重点を置いた製品です。
ネットの評価など見てもインキコストが高い!という不満はずっとあるわけで、そういった不満に答えるかたちとなったのが最近の製品ラインナップなのでしょう。

特にインキコストにこだわった製品がこちら

印刷コスト面では魅力的な製品だけど写真より文書に寄ってるようなので除外。
こういった製品で写真品質に寄せた製品が出てくれると嬉しいです。

もう少し写真品質を高めて印刷コストを抑えたのがこの辺の製品。

2018年8月現在、XK70は9月に後継機が発売予定。
ですが近日中に入手したいため後継機は除外。
EP-30VAは発売が2016年10月で約2年前の機種のためイメージ的に古さを感じてしまいます。

さて、悩みどころです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です