自作PC & 現役PC

小型ジャンクPCのマザー変えてみた

DSCN5388.jpg
 
以前、ジャンクPCにubuntuを入れてみたのですが、あまりの遅さにガッカリ・・・
 
この際CPU、マザーボードを替えてみるか・・・と思いつつ・・・やっと作業できました。


当初Atomでも入れようかと思っていたのですが、もうちょっと性能も欲しいなとか思い、結局、
 
ZOTAC「IONITX-P-E」

 
を導入してみました。
毎度のことですが中古です。
 
早速取り付け。
 
とりあえず、全部ばらさないといけません。
Mini-ITXってのは当然だけど・・・ケースが狭くて作業が・・・あ、ケーブルが引っかかった。
 
この!えい!
 
あ・・・
 
温度センサー切れちゃった・・・
 
・・・そのうち新しいの付けるか・・・
 
やっとドライブその他ケーブルをはずし、マザーが出てきました。
 
DSCN5537.jpg
 
 
交換するマザーはコレ。
 
DSCN5538.jpg
 
 
古いマザーをはずして新しいマザーをケースにセット。
電源その他配線をつないでいきます。
ケーブルの規格違いで刺さらないことも予想できますが・・・
 
やっぱりね・・・
 
DSCN5540.jpg
 
電源がもしかして24Pin?とか思ったけど、こっちは20PinでOK。
ケースの電源ランプが写真のとおり刺さらない。
 
とりあえず電源は入るので今はこのままにしておきます。
 
あと問題は光学ドライブ。
HDDはSATAの160GBが余っていたのでそれでOKですが、DVDマルチがIDEしかありません。
「SATAのBD-Rドライブでも買えばいいぢゃん」なんて言われても、そんな余裕はないし、なにより面白くありません(←重要)。
 
この辺の問題はまた次回に。

POSTED COMMENT

  1. (。・ω・。) より:

    IONITX-P-E
    中々良いMB搭載しましたね。
     
    多分当時だと中古でも10000万以上したと思います。
    予想だと12000円~13000円位でしょうか。
    現在ですとその半額位です。
    オークションだとその2割引位ですね。
     
    それはともかく確かこの中古PCは光学ドライブはCD-ROMのみで、HDDが付いていない状態で購入されたと思います。
     
    で、マザー交換するという形になりますと、(CD-ROMの実用性から考えると)結果的にケースだけ購入したような感じでしょうか。
    ケース中古で4200円・・・・・・・。
    若干微妙な感じですが。 
    このPC君今でも現役で頑張っておられるのでしょうか。

  2. エレマン より:

    ビミョーな価格で購入したキューブケースは中身ごっそり入れ替わった後、ネットオークションでビミョーな価格で買い取られていきました。
    う~ん・・・
    売らずに手元において置けばよかったかな・・・
    いやでもそうしないとメインPC新調できなかったし・・・
    ビミョーだなぁ・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です