広告

DynaBook Satellite 1800 の FDD交換

2017年10月20日

ジャンクで購入したSatellite1800。
FDD不良のため交換しようと分解する。
と、出てきたFDDはMITSUMI製 D353G
 
あれ!?なんか小さくね?
メディアサイズドライブと呼ばれるものらしい。
 
左側は一般的な大きさのFDD、D353F3 右側がD353G
D353G と D353F3 の比較

 
 
 





このままだとノートPCのフレームに収まらない。
D353Gをネットで検索すると新品相場約8000円。
オークションで検索をかけたがなかなかない。
たまに出たと思うと中古でも結構な高値。
やはりジャンクは安く復活させたい。
 
仕方ないので他のメディアサイズドライブを探す。
で、見つけたのがPanasonic製 JU226A373FC。
べゼルのカバーがないのとカラーがホワイトなのが気に入らないが仕方がない。
こいつを組み込むことにする。
品物、送料、振込手数料で約1300円。
ケーブルの極性はD353Gと表裏逆で、一般ドライブと同じタイプ。
したがって差し込み部分のケーブルを折り返し、接触部分を逆にする。
 
★追記★ こちらのページ が参考になります。
 
 
D353G と JU-226A373FC の比較 1

 
D353G と JU-226A373FC の比較 2

 
組み込み後PCに火を入れるとしっかり認識。動作OK。
ただやはり見た目が悪い。
 
DSCN0824.jpg

 
当面はこれでいいとして、やっぱりD353Gを探してみることにする。
 
しばらく探しているとSHARPのノートPCでD353Gを採用している機種があるらしい。
また、DELLの古いノートでも使われていたようだ。
どちらも予算の都合見送ったが、セットしておいたアラートが他のものを見つけたらしい。
 
ACRO’S 外付けFDD USBタイプ。
早速落札する。1890円也。
 
DSCN0826.jpg

 
これならべゼルも交換できる。
ついでに今DynaBookについている白FDDをUSBドライブケースに入れてみようか。
近いうちに交換してみようと思う。
ただこのDynaBook、ネジが多いんだよなぁ…。
2210とかのほうが若干ラクなんだけど。
 
この記事が役に立ったら・・・


広告