広告

リビングPC組んでみた

前回グラボを変えた旧PCのケース引越しをします。
旧メインPCはリビングPCに組みなおします。
 
使用ケースはKT-MH803です。

 
事前情報ではイロイロとクセがありそうですが・・・どうでしょうか・・・?


開封前です。
 
KT-MH803-01
 
Juliaという愛称がついているようですが、どの販売サイトを見てもそのような記述はありませんでしたね。
 
 
スペック
 
kt-mh803-02.jpg
 
 
開封
 
kt-mh803-03.jpg
 
前面パネルはプラスチック製。
光沢仕様です。
 
 
付属品
 
kt-mh803-04.jpg
 
SATAケーブルがついていますが、このL型コネクタが無いと、HDDが取り付けられないことが後に発覚。
 
 
内部と底面
 
kt-mh803-05.jpg
 
電源ケーブル接続部が底面にあるという
大胆なレイアウトです!

ゆえに、付属のスタンドが無いと設置できません。
省スペース追求の結果ですね。
 
 
ドライブベイはここ。
電源ユニットが見えます。
 
kt-mh803-06.jpg
kt-mh803-07.jpg
 
電源ファンが見えますが・・・
こちら側にはケースの通気口がありません。
メチャメチャ通気悪そうです!
なぜケースに通気口を開けなかったのでしょうか。
静音のため?わざと?
とっても気になります。
排熱やエアフローを考えると、電源の取り付けは逆向きのほうが良さそうです。
ということで向きを変更。
ケース外の電源ケーブルの出る向きが逆になりますが、まあ問題ないでしょう。
 
 
フロントパネル裏側
 
kt-mh803-08.jpg
 
なんだかとてもショボーンな作りです・・・
 
 
マザーボード取り付け
 
kt-mh803-09.jpg
 
そういえば最近また、ASUS の読み方が話題になってましたが、公式に「エイスース」に変更されたようです。
エレマンは以前「エイサス」だと思っていたのですが(日本法人とかできる以前ね)、後に日本ではアスースで統一されました。ショップなどではそう言おうと思ってましたが、結局そんな機会は今までなかったですね。
 
あ、電源を逆付けしたらいわゆる「田コネクタケーブル」が届かなくなったので、延長ケーブルを用意するまでは元の向きで使います。
 
 
拡張カードカバーは切り取り式です。
 
kt-mh803-10.jpg
 
 
さて、問題のビミョーなロープロビデオカードです。
果たしてケースに収まるのでしょうか?
 
kt-mh803-11.jpg
 
おおっ!
入ったよ!

 
kt-mh803-12.jpg
 
カバーに当たってるけどホント、ギリギリで!
いやあよかったよかった♪
 
 
ジャンクのD-Subロープロコネクタも用意
 
kt-mh803-13.jpg
 
 
DVD-Rドライブを突っ込んでみましたが・・・
 
kt-mh803-14.jpg
 
 
マザーのコネクタに思いっきり干渉します!
 
わかった事。
このケースは古い規格には対応していない。
ドライブは最近の奥行きが短いタイプでないと入りません。
HDDもIDEだと無理です。
SATAでも先ほどのL型でないと、コネクタが干渉して収まりません。
 
kt-mh803-15.jpg
 
 
用意できるDVDドライブがないので、とりあえずDドライブにしていたHDDを入れておきました。
アダプタとかないので、そのままネジ1本止めで・・・
 
組みあがったのでリビングのテレビ、L42-XP05の裏に設置。
 
kt-mh803-16.jpg
kt-mh803-17.jpg
 
 
起動させると・・・
 
静かです!
 
爆音なんて情報もあったのでビビッてたのですが、今までの私のPC環境では相対的に静かです。
人によって騒音レベルは違うのでしょうけれど。
 
あたりはずれがあるようで、今回はあたりだったようです。
むしろ今まで使っていたAMD純正CPUクーラーが爆音だったと改めて気づかされました。
早速手持ちの静かなファンに交換しました。
パルス拾ってないから起動時に1回止まるけど・・・
 
ODDと田コネ、あとCPU用のファン・・・調達したら、またイヂリます。
ワイヤレスキーボードとマウスが欲しくなったな・・・

広告