広告

恥ずかしい自作シューティング その1

思い切って公開しちゃいます。
 
恥ずかしい自作シューティングゲームを!
 
ステージ1のスクリーンショット
 
BLAY STAGE 1

 
以上、終わり!


・・・にしようかと思ったのですが、この際もっと公開しちゃいます。
 
動画アップします!
 
恥でも何でもかきます。
もう20年経ってるし何でもいいです。
笑っちゃってください。
 
その前に前説(言い訳?)なんぞを・・・
 
このゲームはMSXの「吉田工務店」というツールで作ったもので、縦スクロールタイプのシューティングゲームが作れます。
絵を描いて動きと音楽パターンを選んで配置すれば出来上がります。
グラフィックの仕様として、色数は16色、キャラは16×16ドットのスプライト(ボスキャラはコレをいくつか組み合わせて作る)で、横方向に1色のみ指定可能。
 
ということで結構制約があったりします。
まあ、制約があったほうが割り切ってできるという考え方もありますが。
 
自機は青い「人型ロボ」です。
 
自機パターン

 
言われないとなんだか判らない
とか聞こえてきそうですが、妄想力を発揮してかっこいいロボに脳内変換しちゃってください。
 
青いメカ達

 
さあ!
最新人型機動兵器「ブルー・レイ」(たった今命名)を操り、迫りくる敵を破壊しろ!
いきなり撃ってくる奴は敵だ!
撃ってこない奴はよく訓練された敵だ!
Good Luck!

 
テンションが上がったところで動画プレイ!
 
BLAY STAGE 1 (.wmv 7.6MB)
 
 
若干コマ落ち、音のずれがありますがご容赦を・・・
 
このステージ1ですが、一番最初に作ったステージです。
・・・とりあえずいろいろ試してみた・・・って感じですかね。
なんか世界観とか統一感ないし、どっかで見た背景だし。
 
一見、地上物に見える敵も当たり判定があったりしますが仕様です。
 
ムカデみたいな敵は、当初蛇行させたいと思って作ったのですが、どうしても身体がちぎれてしまうので、仕方なくそのまま配置していた名残りかと記憶しています。
 
一応見所としましては、ステージ後半で地上から宇宙(そら)へ上がる演出でしょうか。
このくらいですかね・・・
 
ボスもセンス無さ過ぎ!
しかも弱っ!
敵弾発射設定はコレで最強だったはずです。
あとは「硬く」するしかないんですよね・・・
もうちょっと何とかならなかったのかなぁ?
 
こんなところでしょうか。
残りのステージも順次アップする予定ですが・・・
こんなのごく一部の方しか見ないよな。
 
今回動画アップするにあたり、少々手こずったのですが、ソレはまた今度書きます。
 
 
ブログランキング応援ポチッ♪
   ブログランキング

リンク
Tagoo : MSXソフトウエア検索
Baboo! JAPAN

広告