広告

ジャンクの Dynabook AX/2425 CML を検証する

東芝 Dynabook 

BIOS表示可能らしいので、もしや復活できるかと思いネットオークションで購入した Dynabook AX/2425 CML 。
 
2425-1

2425-6

 
ネットで検索しても出てこないモデルだが、どうやらヨドバシあたりの量販店モデルらしい。液晶が14インチの他は、AX/2525CMSとスペック的にはほとんど変わらいようだ。
 
早速動作確認。






電源は入りBIOS画面を確認する。この時点では問題なさそうだ。
次にOS起動。KNOPPIXで確認する。
立ち上がってコマンド待ちの画面が出る。
ん!?なんか画面が変…。
縦にノイズが入ってる。
まあジャンクだし、こういうこともある。
でも出品する際に起動確認くらいするだろうし、その段階でこのくらいの不具合は簡単に判るだろうから記載して欲しいものだが…(-_-;)
 
まあいい、次!
起動オプションを入力して起動。
…おっと、入力ミスしたようだ。
もう一度…
って、キーボード逝ってるぢゃん! (メ-_-)
入力不能キーが多数ある。
 
おいおい、確信犯か!?
出品者さんよっ! (メ`´)凸

 
とりあえずオプションは入力できないのでそのまま起動。
順調に起動してるかと思いきや沈黙。
 
…沈黙
 
…沈黙!
 
起動しませんでした。(ToT)
 
とりあえずバラしてみたが、これ以上検証、修理する気も起きないので処分決定。
 
ジャンクだということは分かっている。
しかしBIOS出してスペック確認して、ハードディスクやメモリーの有無を確認できる、そこそこ知識のあるであろう人間が、こんなあからさまに「不良パーツを集めて組みました」みたいな物を「保証はジャンクのためありません 」の一文を記載するだけで平然と出品していることがオソロシイ。少なくとも私にはできない。
まあ今回は私の判断が甘かったと反省し、次回の取引の教訓にしたいと思う。
 
とりあえずバラシ写真アップ。
 
2425-5

2425-4

2425-3

2425-2

広告

東芝 Dynabook