東芝 Dynabook

DynaBook Satellite2210の部品取り残骸

部屋に転がっていた2210の残骸。
部品を取り尽くし、これ以上部品の取りようもないので処分を検討中。
 
DynaBook2210写真

DynaBook2210内部写真

 
この機種はどうも液晶パネルのヒンジが弱いらしく、この部分が破損したPCがヤフオクにたくさん出品されている。
そのまま使ってもいいのだが、私は部品取り用に何回か入手。
Dynabookは共通部品が多いので、大抵パーツの使い回しが利く。





例えばキーボード。
この2210で使われているキーボードは466MHzのDynaBook2650から1GHzの1800まで使える。
またCDDについては、東芝のノートPCはCDDがマスター設定になっているので、同じくDynaBookから流用するのが面倒がなくてよいと思う。
 
この2210は液晶パネル、キーボード、バッテリー、FDD、CDD、HDDなど取り尽くし、この姿になった。マザーボードは確か死んでいると記憶していたが、現時点で確認はしていない。
 
ところでコレ処分するのってリサイクル料金とか掛かるのか?
見た目は完璧にガラクタなのだが…
 
ブログランキング参加中♪

 
最近知った衝撃の事実!
























 
 
レイザーラモンHG って
ピン芸人じゃなかったの!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です