Android

パチモノって言わないで

さて、前回ちょっとネタ的に書いたiRobotです。
 
iRobotってアレのパチモノだろ?
 
って思う人がけっこういますけど、別に「アレ」のパチモノぢゃ無いと思うんですよ。
まあアレ流行ってるみたいだし、知らない人が見たらキーボードの無いモバイル端末、一昔前のPDAなんかも「アレ」のパチモノ呼ばわりされちゃうのかもしれませんね。
パチモノといえばパチモノなのかもしれませんが、それはまた後で。
まあ、あからさまに真似た物がテレビなんかで紹介されたりしてましたけど、コレは7インチパネルのAndoroid端末です。
 
「7インチ中華Pad」とかネットでは呼ばれたりしている物で、APadとかePadとか有ります。
 
買った理由は、androidを触ってみたかったのと、携帯サイズの小さい画面を くりくりなでなで しながらネットする気になれなかったためです。
 
irobot02.jpg
 
 
ということで、私の「7インチ中華Pad」の紹介。


外観、コネクタ類はこんな感じ。
 
ePad.jpg
 
左右にスピーカー、左からAC、オーディオ出力、I/O、MicroSDHC 。
 
縦持ちもできます。
 
irobot01.jpg
 
壁紙は変形しますけど。
一応グラビティセンサー内蔵で自動で切り替わるのですが・・・
はっきり言ってク○です!
手動で切り替えたほうが速いです。
 
さて・・・
 
もっと色々書いたのですが・・・
 
 
 
書いた記事消えちまったぞ、おいっ!!
 
 
今日はもうやめた!
 
 
中華Pad関連の質問

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です