広告

eBoostr を使ってみよう (SD系カード速度比較編)

古いノートPCを何とか高速化したいと思い、SDカード上へページングファイルの移動を試みるものの失敗。
そんなときに見つけた「eBoostr」。
 

 
これでパフォーマンスの改善なるか!?
 
で、ひとつ判ったこと。
 
ページングファイルは
リムーバブル領域にはつくれない

 
らしい。
 
そうだったのか。
しかしそんなことHELPにも書いてなかった気がするが・・・
設定自体はエラー無くできるし。
”仕様”か・・・、きっと。
まあでもいつ外されるか判らないデバイスにそんなもの置くのは確かに危険だしね。
さて、eBoostrです。


てゆーかeBoostorって何ができるのよ?
 
 
サイトのセールス情報によると、
 
・データをキャッシュしてアクセス速度が向上する。
・キャッシュはフラッシュメモリ上に置くことが可能。
・RAMが余っていれば、そこにキャッシュを置く事ができる。(これをやると爆速らしい・・・)
・キャッシュ場所は4つまで設定できる。(エディションによる)。
・ノートPCのバッテリーをセーブできる。
 
といったところらしい。
 
で、思った。
 
ページングファイルとは別物なのね。
 
RAMとして使える領域を増やすとかぢゃなくて、HDDのデータをキャッシュするってことか。
 
想像していたイメージと違ったが、それでもパフォーマンスの改善にはつながると判断。
RAMのスワップが発生する(ページングファイルね)のは避けられないが、それでもHDDへのアクセスを減らすことができるので、その分の速度は向上するだろう。
 
ただ、キャッシュを置く場所、私の場合はカードスロットに挿したSDHCカードアダプタのSDカード。
それの速度がある程度速くないと意味が無いだろう。
フラッシュメモリーが遅くて速度低下なんて本末転倒・・・
 
ということでまずはアクセス速度のベンチマーク。
 
手持ちのSD系カードの速度を、CrystalDiskMarkで測定。
ちなみに、メモリーの速度はCrystalMark 2004R3で測定できる。
 
結果
 
SDカード速度比較

 
 
ちなみにRAMの速度は
 
Read: 222 MB/s
Write: 173 MB/s
Read/Write: 172 MB/s
CacheR/W: 869 MB/s
 
となっていて、HDDでさえRAMと比べると、リードで1/12程度のアクセス速度。
ということでできるだけアクセス速度の速いデバイスを用意したいところです。
 
ですが・・・
どれも速度がいまひとつです。
グラフ一番下のHDDには及びません。
kingmax 256MB はWrite速度はそこそこですが、容量的に不満があります。
Kingston 1GB はWrite性能がいまいち・・・
 
この際新しいカードを購入するか・・・
アクセス速度が速くて、容量の大きいやつ・・・
 
ネットで調べるとそこそこ速くてコストパフォーマンスの良いカードを発見。
 
pqi SDHC 8GB
 

 
 
早速購入しベンチマーク。
 

SDカード速度比較 その2
 	Sequential Read	  Sequential Write   Random Read 512KB   Random Write 512KB   Random Read 4KB   Random Write 4KB
3.5HDD	18.792	17.607	13.256	13.3	0.349	0.361
pqi SDHC 8GB	18.898	18.175	13.82	13.383	0.377	0.377
Kingston 1GB	14.136	5.901	14.115	2.191	3.106	0.026
Photofast 1GB	10.718	3.329	10.745	1.415	2.571	0.02
kingmax 256MB	10.285	8.984	10.242	3.281	2.82	0.042

 
今までで一番速いです。
特にWrite性能は群を抜いています。
しかも僅かながらHDDを上回るアクセス速度!
8GBのHDDを増設したような感覚ですね。
このカードでeBoostrを使ってみます。
 
 
また次回に・・・
 
 
(実はまだほとんど検証していないだけ・・・ってゆーか時間が無いのよ!)
 

 

eBoostrにオススメの高速SDHCカードはこちら!

 

広告