MSX

MSXturboR FS-A1GT のFDDを修理する

時間ができたら修理しようと思っていたMSXturboR FS-A1GTのFDD。
この機種のFDDは駆動ベルトで動かすタイプ。
年月が過ぎるとゴムのベルトが経年劣化で伸びきってしまい、故障の原因となるらしい。
そして私の 魔神 マシンも例外なく不調となってしまった。
修理のため、だいぶ前にFDDベルトを入手しておいたのだが紛失してしまい、新たに購入するかと思っていたところ、運良く発見!
早速交換することに。

Turbo-R06.jpg
Turbo-R01.jpg
しかしなぜ私のマシンはこんなにキタナイのだ!?
どうも汚れではなくヤケのようだがそんなに外に放置していた記憶はないのだが・・・?

まあともかく修理開始。

修理の方法は「MSXマガジン永久保存版3」が参考になる。


Turbo-R11.jpg

一応整備記録として簡単に書いておくことにする。

まず底面のネジを全部外す。
すると上面のカバーを外すことができる。
カバーはツメで外れにくい箇所もあるのでマイナスドライバー等で押したりしながら外す。
インジケーター等の配線があるので注意。
Turbo-R02.jpg

FDDのケーブルを抜いて、固定しているフレームを4隅のネジを抜いて外す。
Turbo-R03.jpg

裏返してネジを4本外す。
Turbo-R04.jpg

すると目的のベルトが見える。
交換には回転検出用の基盤(白い被さっている部分)をネジを抜いて外す。
Turbo-R05.jpg

交換前のベルトのこのダメッぷりを見よ。
弛みきっておりますな。
Turbo-R07.jpg

左が使用前 右が10数年使用後
Turbo-R08.jpg

ちなみにキーボードの下はこんな感じ。
Turbo-R09.jpg

これがturboRの中枢 R800。
Turbo-R10.jpg

交換も無事に終わり、せっかく開けたのだから掃除をしてカバー類を元に戻す。

これでMSXはあと10年戦える!

交換用のベルトはメーカーに問い合わせれば200円~800円程度で入手できるらしい。
私の場合はネットオークションで入手したが、こっちの方が早いかもしれない。

POSTED COMMENT

  1. 「FDD復活」して懐かしいアクセス音が聞けたでしょうね。
    GTですかあ。中古になってからでさえ高かったよねー。
    トラックバックありがとうです。あまりに長らく同じ写真と記事を表に出しているので、そろそろ隅の方に移動させようかと考えていましたが、せっかくですのでこのままにして置きます。ベルト比較写真がいいですね。
     

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です